正しい薬の服用方法についてのまとめサイト

>

薬と一緒に摂取してはいけないもの

薬と飲み物のタブーな組合せ

まずは一緒に飲んではいけない薬と飲み物の組合せについてご紹介します。
一つめは頭痛薬とアルコールです。
基本的に薬を飲んでいる時にアルコールを飲んではいけませんが、中でも頭痛薬を服用している際にはアルコールは絶対に飲んではいけません。
それはアルコールが血行を促進して薬の作用を強めてしまうからです。
特に痛み止めとしてもよく使用されるロキソニンを服用している場合には、記憶障害を引き起こす危険性があるので注意しましょう。
次に鼻炎薬と甜茶です。
甜茶は花粉症などのアレルギー症状に効くと言われているお茶ですが、鼻炎薬と一緒に飲むと手足のしびれやめまい、腹痛や吐き気といった副作用が出てしまうことがあります。
そして胃腸薬とコーヒーなどのカフェインを多く含む飲み物も一緒に飲んではいけません。
一緒に服用すると体内から上手くカフェインが出て行かずに全身の痙攣が起きてしまったり、動機や息切れが起きることがあります。

一緒に食べてはいけない食べ物とは

あまり多くはありませんが、食べ物の中にも薬を服用している際に食べると良くない効果が出てしまって逆に健康を害してしまうものがありますのでご紹介いたします。
まずは風邪薬とニンニクです。
ニンニクはスタミナが付きますので、体調を壊している時には積極的に取ろうとする方も多いかもしれません。
ですが風邪薬の中でもイブプロフェンを含むものとニンニクを一緒に摂取するのは良くありません。
一緒に摂取してしまうと胃の粘膜に刺激を与えてしまい胃痛が起きてしまう原因になります。
そして葛根湯とマグロなどの青魚、鶏肉も一緒に食べてはいけないものです。
マグロなどの青魚や鶏肉などを食べた直後に葛根湯を飲むと、体内のヒスタミン量が増加してしまいます。
それによって嘔吐や下痢などの食中毒に似た症状を引き起こしてしまう事があります。


この記事をシェアする