正しい薬の服用方法についてのまとめサイト

>

何で飲んでも良い?薬を服用する際に飲むべき飲み物とは

そもそも飲み物と一緒に飲むべきなのか?

粉状の薬であれば水分なしで飲むということはなかなか難しいのであまり問題はないかもしれませんが、錠剤の場合には手元に飲み物がなければそのまま飲んでしまおうと考える方もいるかもしれません。
ですが、薬を水分なしで飲むということはとても危険なことです。
水分なしで飲んだ場合、喉が乾燥したままの状態ですのでカプセルや錠剤が喉や食堂に張り付いてしまう可能性があります。
また薬は水に溶かすことで吸収がよくなるものですし、水に溶かしてから威力を発揮するまでの時間を想定して作られていますので、コップ1杯程度のたっぷりの水かぬるま湯で飲むようにしましょう。
十分な量の水で飲むことで、スムーズに薬を身体の中に運ぶことが出来ますし服用する薬が刺激の強いものであった場合にはその刺激から内臓を守ることも出来ます。

水以外のもので飲んでも良いか

薬を飲む時に、手元に水が無いということもあるかと思います。
そんな時に水以外の飲み物で飲んでしまっても良いのでしょうか?
単刀直入に言うと、良くはありません。
水以外の飲み物と一緒に飲むと、飲み物の成分が薬の成分に影響を与えて作用しなかったり、トラブルが起きることがあるからです。
中でも注意しなければいけない飲み物がコーヒー、牛乳、お茶、グレープフルーツジュースです。
コーヒーはカフェインが多く含まれていますのでカフェインが配合されている薬と一緒に飲んでしまうと過剰摂取になってしまいます。
お茶は鉄分の吸収を阻害しますので、薬とは一緒に飲むべきではありません。
牛乳やグレープフルーツは含まれている成分が、薬の成分と反応してしまったり吸収を阻害してしまうことがあるので危険です。
薬の配合成分まで私達が全て把握するのはとても難しいですので、どんな薬と飲んでも問題のない水や白湯で服用するべきです。


この記事をシェアする