正しい薬の服用方法についてのまとめサイト

>

薬の正しい飲み方とは

食事と薬を服用するタイミングに関する指示

処方された際に「食前・食後・食間」の記載がある場合があります。
この記載が具体的にはいつなのか分からずに間違えてしまうという人が多いです。
食前とは食事の30分程度前のことです。
胃の中に何もない時に飲んだ方が良い薬は、胃の中何か食べ物が入っていて、それと混ざってしまうと効果が弱くなってしまうので食前に飲みます。
食後とは食事をしてから30分以内に飲むということです。
強い刺激のある薬の場合には、胃の中に食べ物が入っている状態で飲まないと胃が荒れてしまいます。
そのために胃の中に食べ物が残っている食事の後30分以内に飲むことを指示されます。
食間というのは、食事をしてから2時間程度たってから飲むということです。
食事の影響を受けやすい薬の際にこのような指示があります。

服用時間に関するその他の指示

薬を服用する時間の指示として具体的に時間を指定される場合があります。
その際には何時間おきに服用といった場合での指示や、何時に服用といった形で指示される場合があります。
混同してしまい、間違えてしまうと求める効果が期待出来ませんので注意が必要です。
また頓服薬と呼ばれるもので解熱剤や痛み止め、咳止めなどはその症状が実際に出ている時にのみ飲むものです。
他の薬と一緒に処方された際などに、頓服薬もその他の薬と同じように飲んでしまうと逆に効果が強すぎて身体に影響を及ぼしてしまうことがあります。
服用時間の指示は、薬の袋にも必ず記載されていますし薬剤師から細かく説明があるはずです。
もしよく分からなかった場合には、きちんと質問をしてよく理解してから服用するようにしてください。


この記事をシェアする