正しい薬の服用方法についてのまとめサイト

意外と間違えやすい薬の服用方法

服用するタイミングは必ず守ろう

薬とは、病気やケガをした際に自分が持っている治癒力を高めて体内の細菌を殺したり、熱を下げたり、傷みを取るためなどに用いるものです。
これまで生きてきて、薬を飲んだことがないという方はいないかと思います。
薬と一口に言っても病院で処方されるもの以外にも、薬局で購入出来る市販の薬もあります。
飲まずに健康を保てるのであれば、それにこしたことはありませんがそうもいきません。
病院にかかった場合には医師の処方の基に、薬局で購入した場合には記載されている注意通りに正しく使用すれば、効果を発揮して健康な状態に導いてくれるとても役にたつものです。
ですが使用方法を誤ると、本来期待される効果を得ることが出来ないことや最悪の場合には逆に健康を害してしまうこともあります。
では薬の正しい飲み方とはどのようなものなのでしょうか?
まず基本的に病院で処方された場合には医師の指示通りに服用することが大切です。
自分で購入した場合には、注意事項や服用の仕方が必ず記載されていますのでそれを守って服用します。
具体的には服用する時間、服用する量、服用する期間です。
これらをきちんと守らずに自己判断で服用するということは絶対にしてはいけません。
特に病院で処方された薬の場合には治ったかなと自分で思って、服用を止めてしまう人というのが多くいますが一度処方された薬は自分で治ったと思っても必ず最後まで飲みきるようにしましょう。
以下のページでは間違いやすい薬の飲み方について詳しくご紹介していきます。